ファクタリングという言葉は何度も出していますが、実際に細かく説明をしてみたいと思います。ファクタリングは中小企業、零細企業をメインとした資金調達の手段です。特に資金調達の幅が狭い中小企業、零細企業では銀行融資を頼るしかキャッシュを作る方法はありません。スポンサーが付いてくれる事も少ないですし、出資を募っても、なかなか出資金を出してくれる人物、企業も現れないでしょう。それぐらい中小企業、零細企業を取り巻く資金調達の環境は厳しいのです。そこでファクタリングを活用して会社を拡大していく。またはキャッシュフローを改善していく。ファクタリングにはこういった事が出来るメリットがたくさんあります。ファクタリングと言うのは、売掛債権を買ってくれる会社があり、そこと契約をする事で後で入金をされる売掛債権を先に調達する事が出来るのです。これが可能となると、中小企業や零細企業のキャッシュフローは格段に良くなります。お金のサイクルが早くなるわけですからね。違う取引先に支払うお金があっても、売掛債権の方が先に入金をされる。これなら資金ショートをする心配もありませんし、キャッシュを回すのも安定して行う健全な経営状態にする事が可能なのです。またバランスシート上でも借入金にはなりませんので、銀行から融資を受ける時にも経営内容は良く見られるようになるのです。これもファクタリングのメリットではありますが、実際には融資を受けられない状況の会社でも資金を調達する唯一の手段とも言えます。ファクタリングは何度も言うように借入れではありませんので、中小・零細企業で多い税金滞納などの条件をクリアしていなくてもファクタリングを利用する事が出来るのです。これによってつなぎ融資としても役立ちますし、税金を支払う事も出来るようになります。これだけでも銀行からの融資を受けられる体制を作る事が出来ますのでファクタリングの大きなメリットと言えるのではないでしょうか?