会社の資金繰りを一歩間違うと?この話は何度もしていますが、借りるところを間違えるとよりキャッシュフローは悪化して取り返しのつかない状態になる事が多いです。要は金利の高いところで融資を受ける行為ですね。その場しのぎで資金を集めるのは良い事ですが、金利は借りた金額以上に支払うもの。出来れば低金利のところから借入れをした方が良いに決まっています。でも手を出してしまうのが経営が悪化した社長の取る行為。人間なので弱い部分でもありますが、ここは絶対に避けるべきところだと思っています。もしどうしても資金が必要で、銀行からもすんなりと借りられない場合、ファクタリングを利用してみてください。このファクタリングについても何度もお伝えしていますが、融資とは違って売掛債権を売却して資金調達をする事が出来ますので、売上さえあればキャッシュを作る事が出来るのです。もちろん金利なんてかかりませんし、借金でもありません。面倒な審査もそこまで必要ありませんので、高金利のところに手を出す前に、ファクタリングを行っている企業に相談をする事をオススメします。このファクタリングはまだ認知度が低い為、ファクタリングの存在すら知らない経営者も非常に多くなっています。もしファクタリングの存在を知っていたら、という事を言っている社長達もいるぐらいですのでファクタリングは非常に理にかなった資金調達方法とも言えるのです。ただ銀行などからの融資はそれなりに良い部分もあります。銀行にへ経営状態が良い時に、無理してでも借りておいた方が銀行への実績として残されるのです。この企業はしっかりと返済をしてくれるからまた融資したいな、と思わせる事も追々重要になって来る事。でもそれだけしか資金調達方法を知らないと言うのも経営をしていく中ではとても怖い事ですので、ファクタリングという売掛債権を売却出来る方法も頭の中に入れておいてください。どこかで役に経つ事が出てきますので。