これから新たに会社を立ちあげる方などで勘違いをしている部分。会社はキャッシュさえあれば赤字でも充分に経営をして行く事が出来るという事を知っておく必要があります。その反面、黒字でもキャッシュがないと破綻する不思議なものなのです。ほとんどの企業、会社と言うのはキャッシュを回して経営をしています。売上が数ヵ月後に入る、それの前に入ったキャッシュで他の売上を作る、この繰り返しをしながら大きく育てていくのが会社経営になるのです。この為、会社にとって「金」と言うのは命より大事。もちろんずっと順調にキャッシュを増やす事が出来れば問題ないのですが、いろいろな事が起きるのが会社経営。取引先の会社が倒産をして入るはずの売掛債権が入らなくなったり、何かのタイミングで会社のキャッシュが激減して経営難になることは一度や二度は体験するはずです。業界やビジネスモデルによってもこの辺は異なってきますが、通常ではキャッシュを用意出来る環境に置いておく事がとても大切になってくると言えるのです。特に製造業や小売業、建設業などは売掛債権の支払いサイトが遅いのが特徴的です。こういう業界では、資金ショートしやすい体質となってしまう為、より会社には現金を残しておく必要が高くなってくるのです。その反面、コンサルティング業やフィービジネスなどでは、毎月コストが少ないし在庫など仕入れが必要ないので比較的売上を追っていくだけでも利益体質になりやすい傾向にありますね。ただ大きな売上にするのはとても難しいビジネスモデルでもありますので、そこは現在行っているビジネスモデルに沿った資金調達、キャッシュの計算をしていかなくてはなりません。営業会社と呼ばれる、営業専門で報酬を取るようなビジネスモデルでは仕入れこそありませんが、接待交際費など見えないキャッシュが必要となってきます。このコストは一歩間違えると経営者個人的に流用してしまうケースも少なくはなく、毎晩飲み歩いてしまったりする経営者も少なくはありません。しかも銀行などからの融資を受けにくい事業体にもなりますので、シビアにキャッシュを残す事を考えていかないといけません。またファクタリングなどを利用する際にも、コンサルティング業やフィービジネスでは売掛債権がわかりにく傾向にありますので、ファクタリングを利用しにくい環境でもある事をしっかりと理解をしておいた方が良いでしょう。通常時のコストは少なく済むので経営的には楽な感じがしますが、一歩間違えると非常に資金調達に困る業態でもあるので、会社にはある程度の現金を残しておく必要が出てきますね。