会社を経営している社長の中でも自己破産をしている方も結構います。自己破産をしていると一時的に会社代表者にはなれない期間が設けられているのですが、免責が降りてしまえば問題なく代表者に復権する事が出来ます。しかし会社経営でとても大事な銀行融資などの資金調達を考えると、とても難しい局面になってしまいますね。5年~10年間は運転資金などの借り入れをする事も難しい事になってしまうかと思います。でも会社経営をしていると、どうしても資金が必要な時も出てきます。こういう時にはファクタリングという資金調達方法を利用するのがベスト。このファクタリングと言うのは、借り入れではありませんので、自己破産をしている会社社長でも全く問題なく資金を調達する事が出来るのです。なぜ自己破産をしているのに資金を調達出来るのかと言いますと。銀行などの融資とは違って、売掛債権を売却する行為がファクタリングだからです。もう少し噛み砕いて説明をしますと、売掛債権と言うのは会社であげた売上に対するお金です。この売掛債権と言うのはいわば、そのうち入金される事が確定しているお金になるのです。これをファクタリング会社が先に支払いをしてくれるという仕組みですので、会社代表者が自己破産をしていてもまったく問題がない資金調達方法として確立しているのです。もちろん銀行融資では必須条件の税金類の支払いが滞っていても問題ありません。後に入ってくるお金を先にもらうだけですので、借り入れにもなりませんし、BS上でも現金として扱う事が出来るのです。このファクタリングを利用している会社経営者の中にも、いろいろな意味合いで使っている方が多いのですが、その中でも自己破産などをしている借入れが出来ない会社経営者の資金調達には最適な手段と言っても過言ではないのです。